【猫 飼育 豆知識】グルメなネコ様は何がお好き?ねこ餌選びのポイント!

ねこ餌選びのポイントって?

332748

ネコと言えば美味しいもの大好きなグルメっ子。

「カリカリドライフードなんて要らないニャ。」

「もっと美味しいもの出すニャ~!」

と言わんばかりに1回匂いをかいでつん!とそっぽを向いたり無視したり。

同じものは食べなかったり・・・

 

なんてわがままなんだ、と呆れることもしばしば。

 

1度缶詰やかつお節をあげてしまったら最後、

普通のご飯じゃあ満足しなくなって美味しいものの催促半端ない(笑)

 

でもついつい美味しそうに食べてる姿をみると

またあげたくなっちゃう。

 

でも、猫の催促のままご飯をあげてて良いのかな!?

栄養バランスや歯のこと、色々な面でどんなエサが猫にとって幸せか

ポイント教えます!

 

ネコ様の好みを知る

ネコと言えばよく知る歌でもあるように

「お魚くわえたどらネコ・・・」

魚が好きなのか。

 

いやぁ、肉もきっと好きだろう。

ハムとか大好きだと思う。

 

色んなネコにエサをあげてきたけど、共通することは乾いた餌よりも

しっとりしたエサの方が好きらしい、ということ。

 

ドライよりウエット

缶詰が嫌いなネコは、なかなかいない。

1度缶詰をあげてしまうとカリカリ(ドライのキャットフード)を食べなくなる確率は100%近い…

 

人間でも乾いた食べ物よりはジューシーでしっとりしてる方が美味しく感じるから

人間より野生に近いネコにしてみれば当たり前のことかもしれないですね。

 

ドライフード VS ウエットフード

ネコ様に聞くと答えは決まっていると思うので、

健康面も考えながら長所と短所をみてみます。

 

ドライフードの長所

・固いのでネコの噛む力を衰えさせない

・栄養バランスが良い

・腐りにくい

・コストが安い

 

ウエットフードの長所

・消化が良い

・匂いが強くネコが好んで食べる

 

ドライフードの短所

・水分が少ないので食事後の水分補給が必須

・あんまりネコが好まない

 

ウエットフードの短所

・顎や歯が弱くなる

・腐りやすい

・コストが高い

・すぐにおなかが空く割には栄養バランスが良くない

・虫歯や歯周病になりやすい

 

それぞれ長所短所がありますが、

基本的にはドライフードの方が健康面だけで見ると良いのかなと思います。

歯や顎が弱ることは高齢になればなるほど問題も出てくるので、硬い食べ物を食べることは

重要ですね!

 

あと、歯磨きをしないネコにとってウエットフードはかなり口腔内環境に悪影響を与えるのではないかなと思います。

 

でも、高齢化や体が弱っている時など

上手にウエットフードを利用することはありだと思いますよ。

 

ネコ様におやつが必要か

ペットショップに行くとネコのおやつもたくさん売っています。

 

最近ではこれ、ネコ用!?

人間よりも贅沢・・・

と目を疑いたくなるような商品も多数。

 

ドライフードに飽きて、嗜好性を上げるためにおやつを利用するのも手だと思いますが

個人的にはあまりおススメしません。

 

理由は、肥満の原因になったり、おやつを好んで食べて肝心の主食の量が減ったりして栄養バランスが偏るからです。

 

元々ネコなどの野生動物はいつもエサを食べていません。

動物園のライオンも「絶食日」と言って1日エサをもらえない日があるんですよ。

そうしないと体調が悪くなってしまうからです。

 

良かれと思ってあげてるおやつもネコの健康には良くないかもしれないので

注意が必要ですね。

 

ただ、暇つぶしや歯磨き的な要素を含んだもの、噛む力を鍛えるものは上手に取り入れたらいいと思います。

 

エサ選びのポイント

たくさ―――――んあるネコのエサの中からどんな商品を選べば良いか迷いますよね。

 

中身のいろいろ、値段もいろいろ…

 

はっきり言います。

 

ほとんどの場合、値段=エサの質 です。

 

安い餌にはそれなりの理由があるんです。

人間でも同じですが、材料やつくり方など商品によって全然違います。

 

安い餌をたくさん食べても栄養が充分に取れなかったりしますので

ここは可愛い飼いネコ様のために最安値のエサを選ばないことをおススメします。

 

エサ=健康

だと思ってくださいね。

 

続かないと意味がないので1番高いエサにしてくださいとは中々言えませんが、

値段的に真ん中より少し上の価格帯の商品を選んで欲しいです!

 

エサ選びのポイントまとめ

1.ウエットフードよりはドライフードをおススメ

2.おやつは目的に応じて控えめに

3.エサの値段=エサの質

真ん中よりやや上の価格帯を選ぶ

4.最後に、ネコ様への愛を忘れない

 

ネコは大切な家族の一員。毎日のエサは健康に大きく関係してくるので、しっかり考えて選びたいですね。元気で長生きしてもらいましょう!

ネコの体調や環境などでエサ選びは変わってくると思いますので、必要な時には動物病院の先生などに相談してみてくださいね。

 

目次(サイトマップ)

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ