【猫 飼育 豆知識】猫の喧嘩にご用心!!ケガ1つで命の危険があるって知っていますか?

ねこのけんかにご用心!!

ねこ喧嘩1

ケガ1つで命の危険

「ニャオ~~!」

「フーーー!!」

 

外で声がする。

あ!ネコがケンカしている!

うちの子だったらどうしよう!

 

もう、気が気ではありません。

声が聞こえたほうにダッシュ。

 

今すぐにケンカを止めさせなければ・・・

 

ネコのケンカでこんな風に焦ったこと

ありませんか?

 

私はしょっちゅうありました。

 

ケンカしている現場へ駆け付け、

どんなに盛り上がっているケンカでも

割って入り、連れて帰ります。

 

興奮しているネコは危険ですが、

宥めながら強制送還。

 

そして体中くまなくケガチェック。

 

どうしてここまでするかというと、

ケガ1つで命に関わるからです。

 

さて、その理由とは!?

 

そもそもなぜネコはケンカをするのか

ねこ喧嘩2

 

特に発情期。

恋の季節には、

あちらこちらでネコのケンカの声が聞こえてきます。

 

たいていケンカをしているのはオス。

 

縄張り争い、メスネコの奪い合いのために、オスネコは体を張っているのです。

 

自分の遺伝子を残したい・・・

ただそれだけの本能でオスネコは命をもかけています。

 

動物の本能とはすごいものだとつくづく思います。

 

本能を忘れかけた私たち人間には理解できない行動が

動物たちにはいろいろあって、とても興味深いですね。

 

ネコのケンカの白黒

 

ネコのケンカはけっこう長い。

 

それにいろんなパターンがあるみたい。

 

・叫び合いだけの平和的パターン

お互い一定の距離を保ちつつ、威嚇の声を叫び合う。

背中を丸めたり、膨らんだ尻尾や耳を立てて、威嚇のポーズ。

でも、どちらからも手を出さず、延々と叫び合いが続く・・・

飽きないのだろうかと、呆れるくらい(笑)

 

しかし、やっぱり飽きるのか面倒になるのか

ケンカの理由を忘れるのか疲れるのか・・・

そのうち威嚇のポーズをしなくなって座ってみたり、寝そべってみたり

半分寝てたり。

 

ケンカ自然消滅状態になっていく。面白い。

平和的ケンカパターン。

 

・2匹のやる気に差があるパターン

1匹はとにかくやる気。

相手が気に入らなくてケンカを仕掛けていく。

でも

もう1匹は「負けてもいいんで、この場を立ち去らせてください」

みたいなオーラを出しつつ、後ずさりしたり、背中を向けたり。

 

ケンカをする意思がないことをアピールしているのだけど

相手は許してくれず付きまとう、という迷惑なパターン。

 

やる気のない方がいかに上手く逃げるかで

この見ていて滑稽なケンカの勝敗が決まる。

 

・2匹とも超やる気パターン

とにかく酷いケンカになる。

 

威嚇もそこそこにとりあえず、実戦あるのみのパターン。

 

流血しようが

骨が折れようが

目が潰れようが

戦いは続く・・・

 

見ていて悲惨なケンカ。2匹とも大けがを負うパターンが多い。

 

このようなケンカに遭遇したら野良猫であっても早く止めてあげたいと思う。

 

ケンカはなぜ命に関わるのか

ねこ3

 

 

どうしてネコのケンカが命に関わるか。

 

それはケガをするからです。

 

ケンカだからケガをするのは当たり前。

そう思われるかもしれません。

 

確かにそうなんです。

ケガをするのは当たり前で、ケガはたいてい治ります。

 

舐めて治るケガもあるでしょうし

酷くても、動物病院に行けば大抵のケガは治ります。

 

でも、

問題はケガから引き起こされる「感染症」。

 

ネコの口や爪にはたくさんの雑菌がいます。

 

自然治癒力や薬で治る感染症ならまだまし。

治らない感染症があること、

それが知っておきたい大切な事なのです。

 

ワクチンを打って予防できるもの感染してしまったら最後、

何も治療法がない

「ネコ免疫不全ウイルス感染症(ネコエイズ)」

があります。

 

大体がネコ同士の接触が原因で感染するものなので、

(他の動物からの接触が原因の感染症もあります)

これがネコにケンカして欲しくない大きな理由です。

 

ネコのケンカは防げるか

ねこけんか4

 

 

ネコのケンカを防ぐ方法としては

  • 適齢期に去勢手術をする
  • 外に出さない

 

この2つの方法しか無いかもしれません。

1の去勢手術も完璧な予防法ではないですから、

外に出さない、という飼い方をするしかないのですかね。

 

でも外で伸び伸びとしているネコたちを

見ることが出来なくなるのは寂しい気がします。

 

まとめ

 

1.ネコのケンカは子孫繁栄のための本能

2.ネコのケンカにもいろんなパターンがある

3.ケンカでケガをすることで感染する病気があり、それが命に関わる

4.ケンカを防ぐ方法は「外に出さない」

 

ネコのケンカは本能で仕方ない事ですが、

大切な家族であるネコがケガをしたり病気になったりするのは悲しいですね。

いつまでも元気でいて欲しいからケンカをさせない方法を実践して、

楽しいネコライフをお過ごしください。

 

ただしネコのケガや病気、飼い方など獣医さんや専門の方に相談してみてくださいね。

 

目次(サイトマップ)

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ